--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'02.20.00:40

【芝居】劇団解体社  

劇団 解体社

はじめて拝見しました。
アングラであるのかもしれないけど私はそう感じなかったかな。
現代劇?前衛っぽい現代劇? 

劇じゃなくて身体表現かな。

シーンの連続と役者さんの鍛えられた見事な身体と表現力と
映し出される文字、映像、情報

おしゃれというと狙ったようでそれは違うのだけど・・・
洗練されていてどこを切っても素晴らしい造形美な表現、劇。
迫力、本気が伝わってきちゃう重さ、悲壮感
澄んだ前衛というのかなー。。それも違うなあ。
言葉足らず。。。
 
真剣で深刻なテーマがポツポツと繋げられたのシーンから、メッセージと表現されたものが空気で伝わってきて感動しました。
役者さんが身体を使って表現する表現力が素晴らしくて本当に感動。
役者さん個々で表現方法は舞踏的だったり、言葉であったり、演劇的表現であったり、違うのだけれども、
男女、年齢、国境が混ざり合って、関係なく同じ空間に存在する事に違和感なく、

冒頭、映像
・・・スネイプ先生@ハリポタ(のアランリックマン)
のような男前(私の目には)の巨大な立体映像?
の口から零れ落ちる黒い物体。

横に白人女性。

一人、二人のシーンが何個か繋がっていくのですが
白人の女性、静かに叫ぶ鋭さに圧倒されました。

ユダヤ人収容所?
もしくは精神病患者として隔離された人、収容所でおかしくなってしまったのかも
包帯まかれたドイツの女性。

ドイツ語はわからないけれど、涙と動けないもどかしさと叫びで伝わってきて気持ちは伝染しちゃったよというような感覚に。役者力。キレイだったな。

日本兵。終戦をしらず帰還できなくて
本当の自分の終戦は迎えられないまま母を看取って今の世に諦念ちゃうの?潔い戦争が生んだ日本男児。


ドイツのユダヤ人収容所、迫害された人々、
当時の差別圧迫 壁 レジスタンス 

・・・

戦争の内面とか陳腐に書けない、、、
それと、人の内面の色々、寝てない頭でまとまらなーい

逃げたくなるくらい上手く伝えられないんですが・・・・あああ

ともかくそれらを演劇的アプローチと身体表現で魅せててすげー!!!

という素敵な劇団に出会ってしまった。

三月も行く~



すらさんとへろかさんとななっちさんにはお奨めなんだけどなー。

+++
誘ってくれたおねーさま!ほんっと!感謝v



関連記事
スポンサーサイト
芝居トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Dadadaism. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。