--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'02.06.22:48

【芝居】月蝕歌劇団~花と蛇 /DOE 雌鹿

色々、
書きたい事思ったことがたくさんあったのよ。
携帯メールで個人様宛にちまちまはっさんしちゃいつつ
まとめたかったんだけど自分がいっぱいいっぱいになってたので
復活してメモメモ。




■月蝕歌劇団~花と蛇
http://page.freett.com/gessyoku/

月蝕歌劇団自体は私が好んで行く劇団ではないけど
昭和のアングラ感と世界観は結構すきでもあって、
今回は純正月蝕歌劇団じゃなくてプロデュース公演な印象。
てかそうだろう。
新感線が新橋演舞場で、だから客演満載でソメゴロー
みたいな雰囲気。
月蝕+客演+有名SM文学+本物の緊縛師、映画の中の人でもある有末剛氏
という事気合入った特別公演。
いつもよりでかい箱でやる劇団の気合とか
ほんと新感線の初演舞場に似た雰囲気を感じたな。

てかこのたとえと話題のトータルに誰がついてこれるのよってたとえばかりになるんですが。。

主演の三坂さんがすごく上手い役者さんだと思った。
清楚な静子婦人にはまってました。
その他大勢になってしまいがちでいい役者さんって目に付く人は少なかったけど、
三坂さんだけ際立ったオーラがあったな。
げんぱちろーも好きだった。

見せ方として、ラストに緊縛師の有末さんが
ライブで静子婦人を縛っていく過程を
三坂さんの役者的上手さと
有末さんは本当にプロフェッショナルだから技を見ればお客さんは吃驚すると思うし。
普段もっと高度になさる所を拝見してるから、もっと見たいなーって多少ものたりなさを感じちゃったんだけど
コレは芝居であるわけで。ここは本多劇場。
トータルの見せ方としてこれで十分かな。

二人して魅せてくれてるぜ・・・って
はじめて見たら凄く感動すると思った。
見た甲斐あったって思った人多いと思うなぁ。

って
俯瞰感想になりがちなんだけど。

下の日記の智恵子抄あたりがあっての視点の人なんだなーと
思ってよんでやって下さると幸いです。。。


最終日に見た方から、かっこよかった!!!
ってメールが来て。見れてよかったよ~
すっごくそれ判って。だって嬉しいじゃん!
ふざけた感想いってすいません・・・!!!と共に
その方の思ってる事すごく判る気がして嬉かった
ええ話じゃないですか!!! 
有末さんかっこよかったもん。


客層は映画見たときの鬼六さんファンなんだろなっておっちゃん達と、月蝕のファンの人。かな?

私は編集者の友達と見てて、着物着てうきゃうきゃしとるし
友達共々のんびり観覧者だったので、
あ、ネコ先生が!!・・・あんな事を!! などと
ニコニコみちまってすいませんすいません・・・


芝居として面白かったです。
月蝕歌劇団本多進出にふさわしい出来で演目で、
お客も大入りですごくよかった!
あの小説を上手く月蝕歌劇団的アレンジの芝居にしてたと思うし、
有末さんを呼んだからには上手く使えるかが
おそらく演出の力が問われる所で

よくそういう所でこけてた客演のよさ殺しのあの劇団の試行錯誤が思い出されたりさ!!!(あ


ラストの演出すごくよかったなー。
三坂さんの清楚さと有末さんの上品な縛りがね
すげーよかった。

おもしろかったよんv




■「DOE 雌鹿」
は普通に、すごく私の好みの戯曲と役者さんで
卯月妙子さんの役者さんとしての舞台ははじめてだったので

古田や阿部サダヲが
山田のおじさんや、イケニエの人でのビリー的役柄で出す狂気的空気感があるじゃないですか
あえてもう演劇ファンに向けてしか喋ってない視点なんだけど
たとえでしか話せてなくて表現力が。

舞台役者で客を惹きつけれる稀有な看板クラスのオーラがあると普通に感じた。

卯月さんはあえてお国言葉で一人称が俺で演じて居て、
主人公とされる女の子の影の部分を演じているのだけど
その奔放さと秘められた部分を演じている狂気と正気の狭間感がお客に伝わってきていて素晴らしかった。

普段よりワントーン低い声で、方言で表現されるキャラクターが迫真で
本当に役を降ろせる人だなーと。。
世界に引き込まれました。

表の人格を演じる方は、表のみの偏った
こういう私を演じなきゃいけない!っていう切迫感を演じていてこちらもよかった。
光と影が上手く表現されてた。

男性も、いい味を出してて素敵だった。
結婚とかセックスとか、言葉がリアルに刺さったな。
心のおくまで戯曲が伝わってきた。


シーンとして、
冒頭の卯月さんが裸の女で主人公と対比で話すシーン
血がついた卯月さんが倒れるシーンがすごく綺麗だった事・・・普通に、絵柄としてね・・美人さんだし、倒れ方とか綺麗だった
最後、表の人格?主人公?が服を脱ぎ捨てて鍵を投げるシーンもよかった

あの終わり方でいいなと
羊屋さんの演出ってかっこいいなと思った。


たとえで申し訳ないけど、演劇友達に向けてね。
こうかみさんのトランスっぽい感動が、今風 というか。
ビーヒアの小須田さんと大高さんの関係みたいな女性同士。

要はすっごくよかった!!!
って事なのだけど。ここは蛇足で。



あとでわけて、まとめますわ~~~






有末さん、卯月さんお疲れ様でした。
お二人とも素敵だった~!!
関連記事
スポンサーサイト
小話雑談トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © Dadadaism. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。